古くなった灯油を処分するには?

 


 

 

 

古くなった灯油を処分したい時って
昨年の冬に使ったモノが、ポリタンクの中に少しだけ残っていたり

 

 

あるいは事情があって、石油ファンヒーターをやめて
エアコンのの暖房機能を使うようにしたときですよね。

 

 

例えば、元気のいいワンちゃんを急に室内で飼うことになって
それまでの石油ファンヒーター使用では、
幼い我が子とワンちゃんが、ふざけて走り回ったときに
衝突したら危険ではないかしら?なんて心配になってしまうとき。

 

 

この時には、もしかしたら灯油を購入して間がないかもしれないから
こんなにたくさんの灯油の処分は、どうしたらいいのだろう???なんて
悩みの種になってしまうことも有りそうです。

 

 

古い灯油の処分はガソリンスタンドに頼むといいです!

 

 

 

 

 

灯油の処分って、区役所の『くらし応援室』などに問い合わせしても
扱ってくれないのですよね。
販売店か、専門業者に依頼してくださいと言われます。

 

 

購入して間もない新しい灯油でしたら
お使いになっている家庭に差し上げて、
使ってもらうのが良い解決策なのだけれど
それも差し出がましいかなぁ~と逡巡しているうちに
一冬が過ぎてしまうとこれはちょっとしたストレスになってしまいそう。

 

 

そんな時には、いつもお使いのガソリンスタンドにお願いするのがいいですよ。

 

 

ご料金は、0円~1000円位 幅があるよう。

 

 

先に電話などかけて、お問い合わせしておくとよいですね。
無料で引き受けてくださるスタンドもあるそうです。

 

 

『灯油の処分の問題なんて、そんなに保管に場所を取るわけでもないし
いつかすればいいのだわ・・・』なんて
ちょっとしたストレスをそのままにしておくことは

 

 

実は、50歳からの女性の人生を
楽しくイキイキと生きるためには有害なのです。

 

 

脳にはワーキングメモリと言う
生活やお仕事の、処理できる容量がだいたい決まっています。
人間のワーキングメモリで、
同時処理できる能力は5~7くらい。
案外少ないものですよね。

 

 

それが50代になると30%くらい低下すると言われているので
頭の片隅にある小さなストレスでさえも
負荷をかけ続けていれば、大きなダメージにもなりがちです。

 

 

課題はサッサと片付けて
脳のワーキングメモリを楽にしてあげるに超したことはありませんよね。

 

 

*********************

 

いかがでしたか?
今回の記事はあなたのお役にたてましたでしょうか?

 

もし、今回の記事を読んで感想や
各種イメージワークのやり方、内容などについて分からない事などありましたら、
下のフォームより私にお伝え下さい。

 

些細な事でも構いません。

 

ご質問いただくことで、今後さらに良い記事がお届けできます。

 

それに、あなたが知りたいことは、
これからこの記事を読む方にとっても助けになるはずです。

 

ぜひ、あなたの抱いた疑問をここで共有して下さいますか?
コメントして頂ければ気づき次第、
私、佐々木がここで回答いたします。