50歳からの毎日を、セルフ・リフレクソロジーで、若々しく健康に!

 

a0002_008682

 

1日の終わる頃に、
足は誰でも疲れているものですね。

 

22~25センチ位の小さな足裏で、
日中、身体全体を支え続けているのだから。

 

足裏は、小さな力持ちなのだといつも思います。

 

だから、お風呂に入った後などに、
足裏やふくらはぎをマッサージしてあげてください。

 

疲れをすっかり取ってから寝ると、
翌朝の目覚めがスッキリします。
ムクムクと元気と活力が湧いてきますよ。

 

50歳からの女性が、今後も健康に、
若々しく毎日を過ごすには
小まめにメンテナンスを続けるのが
とても大切で欠かせないものです。

 

あなたは、身体が疲れてしまったときとか
季節の変わり目でだるい時
あるいは、がんばった自分へのご褒美に
リフレクソロジー・サロンに行って、
施術を受けたことがあるでしょうか?

 

特に西洋式リフレクソロジーは
副交感神経に働きかけて心身をリラックスさせ
老廃物や、毒素の除去を促すものです。

 

だから、更年期障害特有の、
だるさや倦怠感に効き目が大きいのです。

 

リフレクソロジーの施術を受けて
血液やリンパの流れが良くなると、
足や身体が楽になるとともに、笑顔が出てきます。

 

その場でピョンピョンと、
軽くジャンプでもしたい気分になりますよね。

 

そんな時のあなたの表情を、
鏡で映してみると瞳がキラキラして、
お肌の内側から、輝いているのがわかります。

 

サロンを訪れた最初よりずっと若々しくなって、
愛らしい笑顔が出ています。

 

いつもこんな風だったら、毎日が楽しいですね。

 

ちょっとくらいマイナスな出来事があっても
がんばって、乗り越えられそうな予感がしますよね。

 

どうして、リフレクソロジー・サロンで
約60分から90分くらいの施術を受けただけで
こんなに変化されるのかお分かりになりますか?

 

セラピストは、ツボや反射区、
血行やリンパの流れなどについて、多く学び熟知しています。

 

だから、足裏に触れただけで、
不調の個所がわかってしまったりもするのです。

 

それに加えてセラピストが
あなたを、心から大切に扱っているからなのですよ。

 

セラピストは、いただくお代金の対価として
心を込めてあなただけのために、
彼女の命を、その光の手を使っているのです。

 

ちょっとスピリチュアルっぽいお話になってしまいましたが、
人を癒したいという願いのこもった掌には
それだけの、癒しのパワーが宿るのです。

 

あなたが幼かった頃
転んで泣いていたら、お母さんがやってきて
「痛いのイタイの、飛んでいけ~~!」と

 

擦りむいてしまったひざにバンソウコウを貼りながら
掌をあてて、おまじないをしてくれた事があるかしら?

 

そうすると、あなたはすっかり安心して
不思議と痛みも消えて行った。
そんな経験を思い出すことが出来ますか?

 

人は誰でも癒しの、光の手を持っています。

 

癒しは、この人を楽にしてあげたい!
助けてあげたい!と思うと発動します。
そこは、セラピストでもあなたでも同じなのです。

 

そして、人が二本の足で、大地に立って歩くときに
一番負担の大きいはずの足裏に
脳と直結した、癒しのリモコンを備えているのはなぜでしょうね!

 

脳と直結した癒しののリモコンとは、
例えばテレビのリモコンで言うなら、
スイッチをいれたり、チャンネルを切り替えるための
ボタンの場所が、あらかじめ決まっているということです。

 

下記に図解していますが、
足裏の反射区を、指や掌で刺激すると
信号がすぐに脳に飛んで
その部分の血流を増やしましょうなどと命令します。

 

テレビのリモコンと同じ作用なので
キチンと押す事が必要ですが
力の強弱や、特別なテクニックが必要ではないのです。

 

だから、あなたが健康で若々しくいるために
セルフでリフレクソロジーをしようと思ったなら

 

足裏やふくらはぎを、
押したりさすったりしている掌や指先の、
触れている皮膚と、その奥の細胞に

 

「いつもありがとう」と
語りかけるような気持ちで行うといいですね。

 

身体を、縁の下の力持ちのように支える足裏に、
ありがとうと感謝しましょう。

 

そうすれは、充分にメンテナンスされた足裏やふくらはぎは、
あなたの全身に、みずみずしい血液や活力のある酸素や
リンパ液を行き渡らせてくれますよ。

 

 

セルフ・リフレクソロジーのやり方

 

 

ここでは副交感神経にはたらきかけ、
リラックスできる西洋式リフレクソロジーを採用しています。

 

交感神経に働きかけ、
痛気持ちいい台湾式リフレクソロジーを、
私自身は、セルフでするのをお勧めしていません。

 

下記の図の反射区は、
「健康で若々しく」をポイントに選んで書き込んでみました。

 

リフレクソロジーの反射区は
ツボと違って、ピンポイントではなく
面で捉えますので

 

できれば、足裏、足の甲、の全面を、
揉んだり、押したり、さすったりしてあげてください。

 

 

☆印で表している
「ソーラープレクサス」と「膀胱」のみはピンポイントです。

 

💛ソーラープレクサスは、体中の神経の一点に集まっている部分。
身体で言えば、胃の後ろあたりの太陽神経叢に対応しています。

ゆっくりと、グーーーッと押してあげると体調がよくなります。

 

💛膀胱は、温かいお水を貯める優しい袋に対応していますので
優しく押してあげてくださいね。

最近、おトイレが近くなって困るワというときには
ここを施術するとともに、
腰やお尻をあたためて、冷やさない工夫もお忘れなくね。

 

 

 

♥ 最初に足首を回します。
回数は、左右それぞれ8回くらい。

♥ 指も、一本いっぽん指をつまんで回します。
回数は、左右にそれぞれ8回くらい。

 

 

ちょう丸と星と文字線

 

 

♥ 足裏全体のトリートメント。

足裏の反射区は参考ですので、
足裏全体を、親指の先を使って押したり
すべらせたり、揉んだりしてあげてくださいね。

♥ ☆印のソーラープレクサスと膀胱は
ピンポイントで優しく押します。

 

歯・リンパ

 

胸部リンパは、足の甲の、骨と骨の間を
人差し指で滑らせるようにすると
刺激しやすいですよ。

 

親指

 

脊椎や坐骨神経は、親指先でポツポツと押していくと
人によっては、やや痛みがあるかと思います。

腰痛に効くラインですので、
ぜひ、小まめに押す、摩るなどを続けてくださいね。

 

ふくらはぎ

 

 

ふくらはぎは、第二の心臓と申します。
心臓から一番遠い足裏から、
血液を心臓に向けて汲み上げる
言ってみれば、ポンプのような役割をしています。

 

☆印の部分をキュッと、掌で握ります。
足首から、だんだん膝裏に向かいます。
それを3ターン位繰り返したら、

足首から、膝裏にむかって擦り上げます。
3回くらい繰り返します。

 

膝裏は、リンパ節のある場所ですので
疲れや、老廃物を流し込むような気持でされるといいですね。

 

a0002_008686

 

イメージは、
写真のこのお嬢さんのような感じで良いと思います。

 

セルフ・リフレクソロジーは、
手指や、足、ふくらはぎを痛めないように
パウダーやオイル、クリームなどを使うといいようです。

 

香りの良いものを選べば、
癒しの時間が、ますます楽しくなりますね。

 

 

いかがでしたか?
今回の記事はあなたのお役にたてましたでしょうか?

もし、今回の記事を読んで感想や
各種イメージワークのやり方、内容などについて分からない事などありましたら、
下のフォームより私にお伝え下さい。

些細な事でも構いません。

ご質問いただくことで、今後さらに良い記事がお届けできます。
それに、あなたが知りたいことは、これからこの記事を読む方にとっても助けになるはずです。

ぜひ、あなたの抱いた疑問をここで共有して下さいますか?

コメントして頂ければ気づき次第、
私、佐々木がここで回答いたします。