人間関係を断捨離|シンプルな暮らしの3つの利点

 

 

a1180_009325

 

50歳は人生のターニングポイントと申します。

50歳からの女性は、これまでの人間関係を振り返ることも多くなりますね。

あなたが、自分の個性を大切にしたいなら
マイナスでしかない人間関係を手放してみてはどうでしょう。
その分、大切な人達との人間関係が今より親密なものになりますよ。

そうすれば、交際にかかる不必要な出費も減らせるし
風通し良く毎日をご機嫌に生きていくことができます。

断捨離とは、クラター・コンサルタントやましたひでこさんの
提唱されている
家の中の不要・不適・不快なモノと自分との関係を見直して
自分の生き方をも快適にするトレーニング法です。

 

やましたひでこさんのオフィシャルブログはこちら

 

 

断捨離は、家の中にある負の感情とも言える不要なモノ達を
捨てる、手放す事から始まります。

あなたをとりまく面倒で、
うっとしくもある人間関係のしがらみを
少しづつでも手放すことで、
シンプルな暮らしが手にはいります。

そうなったら
あなたの人生はどのように動き出すのでしょう?

 

本当に大切な人間関係を誠実に守る事が出来る!

 

 

a0002_012053

 

 

私達50歳からの女性は幼少時から、
自分の気持ちを素直に表現することや、
自分らしく思うままに行動することなどは
ほとんど教えられては来ませんでした。

そのかわり、周りの人々の顔色や空気を読むことが得意です。
自分の気持ちは押し込めて、相手に合わせる優しさを持っています。

だからといって、それを要求されるような人間関係ばかりだと
大きなストレスになりますね。

それは、自分が大切にされていないからです。

あなたが自分に問いかけてみればわかります。

そりが合わない、なんだか違うと思う、
一緒にいるとイライラしてくる
など、不協和音を感じているはずです。

この人はなんだか違うなと感じる人間関係を
私たちは少しづつでも距離を置きながら、
手放してしまいましょう。

そうすることで、本当に大切な人間関係が見えてきます。

あなたがスッキリとした気持ちで、
シンプルな暮らしを手に入れれば
本当に大切にしたい人々。
守ってあげたい人々との関係が豊かになるでしょう。

例えば、自分や夫を産み育ててくれた両親・義両親とは、
いつまでも、よい関係を続けたいものですね。

「高齢者は社会のお荷物」
「人は年齢を重ねるごとに頑固で、扱いにくくなっていく」

あなたはこんな風に考えたことはないでしょうか?

超高齢化社会に加えて少子化という社会の危機を
ニュースでもワイドショーでも、声高に語られているので

両親とちょっとした意見の相違で、言い合いをしてしまった後など
つい、年寄りは頑固になってしまって困る・・・などと
思ってしまいがちですが

両親を頑固な老人と決めつけるような固定観念に、
無意識のうちにでも、自分の両親を当てはめてしまうのは
風通しの良いコミュニケーションとはいえませんね。

自分達はそんなものではない!と、
ご両親は悲しみと怒りから反発されるでしょう。

相手を喜怒哀楽を持った、一人の人間として対応すること。
それは老人にでも、若者にでも同じですね。

意見の相違はあったとしても
そこで、機嫌よく幸せになれるコミュニケーションを考えましょう。

そうすれば、今不安に思っている事があったとしても
それが、現在の体調や精神的な悩みだったとしても、
お互いに話しやすくなるでしょう。

あなたが、本当に大切な人たちを、
理解し尊重しながらよい関係を続けて行く事は

あなたご自身の、居場所が安定することにつながります。

居場所が安定すると、
自分はここにいて必要とされているという安心感が生まれます。

安心感は、50歳からの女性達の自信や自己肯定感を育み
これからの人生を、自分らしくイキイキと輝く元になります。

 

 

 

不必要な出費が抑えられ、経済的に余裕が生まれる!

 

 

 

a1130_000258

 

 

人生のターニングポイントを迎えた後の
不必要な出費は、極力控えたいものですね。

私達親世代が経済的に自立していると
家庭を持って暮らしている子供たちは、安心できるようです。

若年層(30歳未満)の家庭では
半数近くの世帯年収が400万円以下と言われていますから
自分たちの生活と教育費で精一杯なのが現状だからです。

私達親世代は今後、不義理にならない程度に、
冠婚葬祭のお付き合いを小さくするというのも
必要なことかもしれません。。

これはご家庭の方針により、台所事情にもよるところですが

相手の方が、今後もお付き合いを続けて行きたいかを考えて
思い切った決断をする必要があります。

その決断によって今後の経済事情もずいぶん変わって来るこ事と思われます。

経済的な安定の基礎は、そこに暮らす人々の健康から。

適度な運動。栄養。快適な睡眠。

家庭の医療費は、
日常の暮らし方を工夫する事で、
ずいぶん控えることができるようです。

シンプルな暮らしを親の世代が手にして
自立しながら機嫌よく毎日を暮らしていく姿は、
子供世代にとっても頼もしいものですね。

未来に確かな希望を見いだせるお手本に
私達親世代がなれるなら、こんなにうれしい事はありませんね。

 

 

ご機嫌で生きがいのある人生をスタートさせる!

 

 

 

wandering daisy 2

 

 

マイナスな人間関係を手放し
不必要な出費を抑え、
経済的に余裕が生まれましたら

あなたの暮らしは、ずいぶん楽ちんになってくるでしょう。

私達は、社会や他人から影響を受けるだけではなく、
自分自身が地域社会にも周囲の人々にも
影響を与える存在である事に気づき

ご自身の持つ、かけがえのない個性に目が向くことでしょう。

自分の個性に想いが行った時に
自分の好きな事を学んでみたいと思う女性も多いようです。

それは人間の心理学、社会学に関することであったり
今まで主婦として、日常的に関わっていた食、栄養学を極めたいとか
あるいは語学。山歩きやスポーツに関すること。
絵画や手芸や、アートに関することだったりもします。

学びへの意欲が生活の質を高め、
ご自身をますますご機嫌にすることでしたら
ぜひ、取り入れて欲しいと思います。

あなたはこれまで50数年という時間を、
仕事や家事・育児のために尽くしてこらました。

だから、それらの時間を基盤とした、
あなただけのしっかりとした学びのための基礎が、
身についていることでしょう。

それは、若い時の学びとは一味違った楽しみになり
あなたという個性を、いっそう輝かせるものになることでしょう!

だから、焦ることも、失敗を恐れることも要りません。

50歳からの女性は、人生のターニングポイントを廻ったばかりなのです。

本来のご自身の輝きを取り戻し、
自分らしく、幸せに生きていくのだと、心に決めることから始めましょう!