50歳からの女性が、たるまないお肌を保つための、簡単な洗顔とヘッドマッサージのコツ!

Woman Sitting Down

 

 

私たちは何歳になっても、心も身体も若々しくいたいものですよね。

 

そして現代では、お化粧品の品質もずいぶん良くなり

 

50歳からの女性の、
デリケートなお肌に合ったものも
手に入りやすくなりました。

 

とは言っても私たちは、
お肌に小じわやたるみが出来てしまうのが気になりますよね。

 

「いえ、小じわもたるみも、年相応の自然な魅力です!
ですから、私は気にしません!」と

 

あなたはおっしゃいますでしょうか!?

 

そうなのですね、
小じわもたるみも、人として自然な事なのですから
そんなに気にしないのが良いですね!

 

実は最近の統計で分かった事ですが~

 

50代女性の、目の周りの小じわや
やや崩れかかった、柔らかな肌に

 

色っぽさを感じる男性が、
増殖していらっしゃるとのこと^^

 

しかも、年齢を重ねた男性に限らず

 

30代~40代といった~
私たちから見たら、若年層に
そういった殿方が増えてきたというのですから

 

人生は、50歳からが面白いとは、
よく言ったものです。

 

でも・・・

 

あなたも、鏡とにらめっこしながら

 

目じりの小じわとか
刻まれているほうれい線をながめて
ため息をついた事があるのでしたら

 

お肌が健やかに、張りが生まれて、
若々しくなる簡単な方法を知りたいですよね。

 

それには、こすらない洗顔と、
ヘッドマッサージがとても有効なのです。

 

素肌美人は、こすらないスキンケアから

 

あなたは、化粧落としに、ふき取りシートを使っていないでしょうか?

 

また、朝晩にスクラブ入りの洗顔料で
ごしごしとお顔を洗顔していたり

 

顔マッサージを頻繁にしたり

 

お肌の荒れが目立つからと言って
角質をはがす、ピーリングをしてはいないでしょうか?

 

お肌の美しさというのは、
表面の0・02ミリといわれる角質層の

 

キメが揃っているかどうかということなので

 

これらの事を繰り返せば
お肌は荒れて、老化が進んでしまいます。

 

素肌美とは、

 

💛バランスの良い栄養を摂ること。
💛リラックスすること。
💛こすらずに肌細胞のターンオーバーにまかせること
によってもたらされます。

 

そうするとあなたは、
こすらないで、どうやって洗顔するの?と
疑問を持たれますよね。

 

ここでは、こすらない洗顔法についてご説明させていただきますね。

 

こすらない洗顔法

 

 

■ メイク落とし用のクレンジング剤は、
乳液・ジェルなど
やさしく洗い流せるタイプのものを使ってください。

 

ふき取りタイプは、お肌をこすってしまうので
使わないでくださいね。

 

クレンジングしながらのマッサージもNG
メイクはこすらなくても落ちるのです。

 

■ 洗顔料はたっぷり泡立てて優しく洗う。

 

a0001_017254

 

 

市販のスポンジなどで、洗顔料を泡立てます。

 

弾力のある泡は、
両手でもっても液だれしません。

 

a0001_017233

 

 

泡を、お顔全体に乗せて行きます。

 

皮脂の多い額など、
Tゾーンから泡を乗せ
お顔全体をたっぷりの泡で覆います。

 

泡の上から、ポム・ポム・ポム・・と
泡をつぶさないように、押さえて洗います。

 

洗い終わったら、
こすらないようにして
表面の泡をぬぐってくださいね。

 

 

a0001_017216

 

ぬるめの水を、ためておき手ですくって、
やさしくお肌にかけるようにして、洗い流します。

 

お顔の横の部分なども、
洗い残しのないように、
しっかりと流してくださいね。

 

 

a0001_017202

 

 

お肌についている水分は
タオルに優しく吸収してもらいましょう。

 

お顔を優しく押さえるように。

 

タオルは厚手で、
刺激の少ない柔らかめを選んでくださいね。

 

お顔の疲れを癒すヘッドマッサージ

 

 

12295239_558089147691937_6445780400884993146_n

 

 

こちらの写真は、
ヘッドマッサージ用のモデルです。

 

ピンクの点は、お顔まわりのツボと
鎖骨のリンパです

 

ご覧になっていただければお分かりのように

 

顔のお肌と、頭皮はつながっています。

 

ですから、お顔の疲れを癒したり
たるみを防ぎ、皮膚を引き上げるには

 

ヘッドマッサージをするのが効果的なのです。

 

12366469_565198436981008_1532231663586463198_n

 

 

マッサージするときに効果的なのは

 

頭頂の百会というツボから
5cmくらい後方の
後頂というツボに向けて

 

指を滑らせたりして
マッサージしていくと

 

お肌が、自然なかんじで引き上げられてよいですね!

 

モデルの人形のお顔周り

 

髪の生え際あたりのツボは
指をあてて、くるくるとマッサージするだけで
疲労回復にも効果的です。

 

ちょっと疲れたなと思ったら、
優しく、こめかみあたりからマッサージしてみてくださいね。

 

 

いかがでしたか?
今回の記事はあなたのお役にたてましたでしょうか?

 

もし、今回の記事を読んで感想や
各種イメージワークのやり方、内容などについて分からない事などありましたら、
下のフォームより私にお伝え下さい。

 

些細な事でも構いません。

 

ご質問いただくことで、今後さらに良い記事がお届けできます。

 

それに、あなたが知りたいことは、
これからこの記事を読む方にとっても助けになるはずです。

 

ぜひ、あなたの抱いた疑問をここで共有して下さいますか?
コメントして頂ければ気づき次第、
私、佐々木がここで回答いたします。