空の巣症候群でしんどいあなたにお奨め|身近な○○を使って片付けが楽しくなる方法♪

 

IMG_0077 - Copy copy

 

空の巣症候群のあなたへ。

 

寂しいものですよね。

 

それまで生きがいだった息子や娘が
結婚や就職、大学進学など、独立して家を出てしまう事は。

 

それは子どもたちの成長の証だから、喜ばしい事なのに
ひとり家庭に残されたあなたは、寂しさを抱えてしまいがちですよね。

 

無償の愛で自分を後にして、子ども達や旦那さま。
家族のために尽くしてきた女性に、空の巣症候群で悩む人が多いのです。

 

寂しくて張り合いが持てなくて
あなたは、何をするのもおっくうではありませんか?

 

特に家の中の片付けをするのがしんどい、という場合は、
どうしてもキッチン・リビングなどが、散らかってしまいがちです。

 

キッチンのシンクにたまった洗い物。

 

汚れたお皿やスプーンがまるで、
「触らないでちょうだい」とでも言って
あなたを拒否しているように、感じられることはありませんか?

 

これまで仕事を理由にして
家事や育児を、あなたに任せっきりだった旦那さまは
実は、あなたの心の憂鬱をうすうすは、気づいているのかも知れません。

 

だからと言って、優しい言葉をかけてくれたり
とどこおっている家事を、手伝ってくれる気配はないみたい。

 

うちの奥さんは最近元気がない様子なのだけれど
でもたぶん、どこの家庭でもそんなものだろう・・・などと。

 

自分のお気に入りのソファに、
新聞やDM,お菓子の袋などが山積みになっていても
それらをよけて、座り込んでテレビ鑑賞していたりします。

 

あなたは溜息がでちゃう気分です。

 

自分のしんどさを、分かってくれようとしない人に説明しても
とんでもなくエネルギーを消耗するだけのよう。

 

だから、人によっては、一人ぼっちでいる家に帰るのが辛くて、
出先から寄り道をして、
外で時間をつぶされる女性もいらっしゃいます。

 

でも、寄り道をして、
映画を観たり、カフェに入ったり。
ブティックをウインドウショッピングして、
あなたの気持ちが晴れるならそれもOKなのです。

 

積極的に気分転換することも、
この時期には必要な事と、私も思います。

 

「だけど、家が片付いていないことが、ネックになって楽しめないの」

「自分がダメな主婦になってしまった気がして、罪悪感から自分自身を責めてしまうの」

 

もしも、あなたが、こんな風に思われるのでしたら、

 

私は、あなたがネックだとおっしゃる家の片づけが、
簡単に楽しくなる方法をお教えしますね。

 

これは私自身が、思秋期特有のしんどさからくる、
心の危機を乗り越えた方法です。

 

やりかたは、とっても簡単ですよ。

 

あなたの身近にあるスマホを使って
お片付けする前と、
お片付けした後を写真に撮ってみると言うだけです。

 

ご存知のようにスマホでは、
写真が撮れる範囲は限定されます。

 

この撮影範囲の狭さが、ポイントなのです。

 

キッチンのシンクならシンクだけを
パチリと一枚とっておきます。

 

そして、写真に撮った場所だけを、お片づけします。

 

写真に撮った場所だけを片づける。

 

このこともポイントですので
そのほかの範囲まで、手をつけないでくださいね。

 

狭い範囲だけでしたら、ほんの数分でお片付けできちゃうでしょう^^
綺麗になった場所を、またもやスマホでパチリ☆と、撮影します。

 

ご自身の成果を、スマホの画像として
客観的に眺める事は、とても気分の良いものです。

 

「だって、その場所だけを綺麗にしたって、他が雑然としていたら、何にもならない!」

 

そう、あなたはお感じになりますよね。

 

でも、人は誰でも、
自分の中に元気を取り戻すスベを持っているのです。

 

 

こちらの写真を見てくださいね。

 

20160824-193802.jpg

 

数年前の私のキッチンのシンクです。
あらら・・、どうしちゃったのぉ~、って感じですよね^^

 

スマホでパチリ☆した後に、
この場所だけ洗い物して、もう一度パチリ☆

 

20160824-194046.jpg

 

今ならもう少し磨きをかけるでしょうが
この頃は、これで精一杯だつたのです。

 

でも、不思議な満足感を、私は感じていました。

 

人間の脳って、ご褒美をもらうと喜ぶのです。

 

雑然とした写真と、
その後の綺麗に片付いた写真。

 

その小さな達成感は、脳へのステキなご褒美でした!

 

思秋期特有の悩みで、疲弊しきっていた私に
不思議な活力を与えてくれたのです。

 

嬉しくなった私は、
その後もスマホで、片付ける前後の写真を撮り続けます。

 

そんな事を続けているうちに、
私は片付けものをする元気を取り戻しました。

 

家の中が片付いてくると、
自分の今いる環境は、そんなにヒドイものでもないと分かります。

 

さらに、客観的にあたりを見回すと
巣立って行ったわが子のたくましさに
感謝の気持ちすら湧いてくる自分が嬉しいとも感じます。

 

だから、今はどんな状態にいるとしても、
あなたは、ご自身を信じて大丈夫ですよ。

 

私は、この小さな方法が、
あなたを元気にするきっかけに、なるに違いないと思っています。

 

最初は、ほんとうに無理のないように^^

 

キッチンのカウンターの、
端っこだけの写真を撮ること位から、初めてみるといいですね。

 

ぜひお試しください。

 

*********************

 

いかがでしたか?
今回の記事はあなたのお役にたてましたでしょうか?

 

私は、50歳からの女性が、
心から望む生き方を選択することが
ご本人の幸せであり
さらに、若い世代の女性の幸せにもつながると思っています。

 

なぜなら、歳を重ねる怖さが軽減されるからです。
何歳になっても、自分は幸せを選択しようと思えるからです。

 

今回の記事を読んで感想や
各種イメージワークのやり方、内容などについて分からない事などございましたら、
下のフォームより私にお伝え下さい。

 

些細な事でも構いません。

 

ご質問いただくことで、今後さらに良い記事がお届けできます。

 

それに、あなたが知りたいことは、
これからこの記事を読む方にとっても助けになるはずです。

 

ぜひ、あなたの抱いた疑問をここで共有して下さいますか?
コメントして頂ければ気づき次第、
私、佐々木がここで回答いたします。