50代女性のファッション|なりたい私をコーディネイトする!

 

 

hanna 027

 

 

50代女性の、ファッションに関するお悩みです。

 

「20~30代の頃に比べお腹周りが太って、
好きなデザインの服が似合わなくなってしまいました。
最近は体形をカバーしやすい、チュニックばかり着ているので
お洒落する気力が失われてしまいそう」

 

「鏡に映った自分の顔が疲れていました。
明るい色の元気な服が好きなのだけれど
ムリに若作りしていると、思われるのが嫌なので悩みます」

 

「親の介護をしています。
子供の学費がかかるのでパート勤務にも出ていますが
家事と仕事と介護に手一杯で
自分のお洒落にまで気を遣える余裕がありません。」

 

こういった体形の変化や、
親の介護、家事と仕事の両立のしんどさなどは
多くの50代女性を悩ませますね

 

そして、残酷なようだけれど
ファッションへの感性は
外見に気を遣わないでいればいるほど、
確実に鈍ってしまいます。

 

なぜなら、どんな服が似合うのかという
自分自身を理解する力も
トレーニングが必要な脳の機能だからです。
使わずに眠らせてばかりいたら、
衰えてしまう脳力だからです。

 

それで気づいた時には、
年相応と周りが認めるような無難で目立たない服ばかり
着ているあなたに、なってしまっているとしたら。

 

 

それでは、家族のために力いっぱい尽くして、
したい事だって我慢して頑張ってきた
あなたという切実な個人が、
あまりにも可哀そうですよね。

 

だから、50代女性のあなたは、
ご自身の生活と役割と、
愛する家族との日常を大切にしながらも
あなたの、なりたい自分を
自信と、少しばかりの勇気を持って
自らコーディネートしてくださいね。

 

 

なりたい私をコーディネイトしてみよう!

 

 

IMG_3346

 

 

「あなたはこれから
どんな自分で生きていくのですか?」

 

この質問は少しばかり、答えにくいかも知れませんが
深呼吸して~楽な気持ちで、
ご自身の心の声を
聞いていただけたら良いと思います。

 
今、家庭を守ることや、お仕事に精いっぱいで
自分自身の身なりにまで、
気遣う余裕がないとしても

 

ここを少しづつでも明らかにしていくと
生き方とファッションが統合されます。

 

 

コーディネートのもともとの意味は
同等、同格を表し、
複数のものを感覚的に組み合わせ、
統合させることを言うのだそう。

 

ファッションでなら、
トップスやスカートやコート。
時計やアクセサリー、靴などをバランスよく
自分らしいスタイルに組み合わせる事ですね。

 

あなたの生き方をコーディネートするとは

 

毎日の生活の中に
ファッションの楽しさを取り入れて
あなたらしさを表現していくことですね!

 

「きれいになりたい」と思うのは
女性なら誰でも持っている
自然でシンプルな感情です。

 

それがファッションとして
あなたの内面の生き方とリンクすると
びっくりする位の活力を
もたらしてくれる場合があります。

 

現代の50代女性は、
ひと昔前でしたら考えられないほどに自由で、若々しく
柔軟な精神力を持っている人が多いようです。

 

そして、歌手や女優、女性タレント、著名人の
50代女性たちはとても美しい。

 

その女性たちを観察してみたときに、
あなたの感覚と似ていたりして
真似してみたい
見習いたいと思える人はいらっしゃいますか?

 

もし、あの歌手のスカーフの巻き方が
シックで、大人らしくてステキ!とか

 

小さなことでもいいので
取り入れる事ができそうなら
ムリのない範囲で見習って、試してみるのもいいですね。

 

真似をして、うまくいく場合もあれば
やっぱり違うとわかる場合もあるのだけれど

 

そうやって、自分自身への理解を深め続けるのは
脳の働きをパワフルにしてくれる
とても良いトレーニングになるのです。

 

あなたを美しく元気に保ち続けてくれるとともに
人間性やコミュニケーションに
深みと幅を与えてくれるのですね。

 

 

♥ 明るい色の服を着ると、
お顔の色が沈んで見えてしまうというお悩みには
私は、パーソナル・カラーを調べてみるのをおすすめします。

パーソナル・カラーは、お顔が明るく映える色を探すので
知っておけば、洋服選びに失敗することが少なくなり
その分、いつもより大胆なデザインを選ぶこともできますよ。